借金でブラックになっても審査OKな金融業者

過去に借金でブラックリスト入りしていても、審査してくれる柔軟対応の金融業者情報

ブラックでも借金できる審査の甘い業者

最初は少額の融資だけを受けようと思っていたのに、契約してみたら簡単に手元へ好きな時に現金が手に入ってしまいますから、ついつい使い込みすぎてしまって多重債務となり、その分で膨らんでしまった支払い金が追いつかずに金融事故として個人信用情報へ記録が残ってしまいます。この情報は金融業者の間で共有されてしまうので、他の金融業者を利用しようとしたらブラックの記録がひっかかってしまってなかなか借り入れできないということにもなります。ブラックの記録がされてしまうと、それまでは普通に借り入れできていた消費者金融も、急に門前払いされるように審査を断られてしまってばかりとなります。ブラックリスト入りするということは消費者金融側からすれば信用をなくした人という捉え方をされてしまうので、融資をしてくれないことが多くなります。
過去に自己破産などの債務整理を行った人や、返済ができずに延滞を繰り返して長期延滞が理由でブラックリスト入りしている人も、審査の甘い消費者金融であれば融資を受けることは可能です。それらの業者はきちんと貸金業として届出をしている業者であり、正規の消費者金融ですから、ヤミ金のように違法な取り立てや高金利を詐取されてしまったりすることもありませんので、安心して利用できます。そのような業者でも、ブラックで貸し出しをしてくれる業者があるのです。

消費者金融というとほとんどの人は大手消費者金融へばかり申し込みをしてしまいます。確かに大体的な広告宣伝を行っていますから、借金をしたことがない人でも多くの人が知っているほどの高い認知度をもっています。その為にほとんどの人が消費者金融のキャッシングサービスを利用した場合に大手へと流れます。ブラックの人も1度は大手の消費者金融を利用したことがあると思います。

しかしそのような大手の消費者金融ほどブラックに厳しい対応をとり、ほとんどの場合は融資を断られてします。消費者金融といっても大手だけではないので、なにも大手にばかり固執する必要はないでしょう。今まで借り入れできずに困っていた人はぜひ、中小規模の業者へ申し込みをしてみてください。中小の業者であればブラックの人でも融資をしてくれる審査の甘い業者が多いので、大手で断られ続けていた人も融資を受けられる可能性は高くなること間違いありません。なかには、あれほど大手で門前払いを何社も受けていたのに、方向を変えて中小の業者へ申込んだところ、なんとも簡単に借り入れができたというのです。それほど、審査基準に差があるのです。

ブラックリスト入りしてしまった人は、なかなか簡単に融資を受けることができなくなってしまいますが、このように業者によって審査基準が違うことを把握し、適切な業者へ申し込むことによって融資を受けられる可能性は大いにあるのです。

借金してブラックでも融資可能

大手の消費者金融であるアコムやプロミス、アイフルなどの業者はまずブラックリスト入りしている人には融資をしてくれません。よく消費者金融と聞くとまず社名が思い浮かぶ業者が大手の消費者金融かと思いますから、今まで借金をしたことがある人はだいたい1度はすでに借り入れしたことある業者だと思います。


最初は少額だけ借金をしようとしていた人も、その手軽さゆえに段々と借り入れする額が多くなっていって、最後は上限の限度額まで借り入れしてしまう人も少なくありません。もちろんその分、返済しないといけませんから、支払いの額もどんどん上がっていきます。少ない額で返済をしていてもその期間のうちにどんどん利息もついていきますから、返済が遅くなればなるほど徐々に支払い総額は多くなっていきます。その結果、返済ができなくなってしまった人は、また他の新しい業者へ申し込みをしてしまう人もいるでしょう。そしてまたその業者でも限度額いっぱいまで借り入れしてしまい、また他の業者に頼ってしまう…という多重債務となる方もいます。これでは返済ができなくなるのは目に見えています。

多重債務になってしまって返済ができず、決められた返済日までに現金が容易できないと延滞となりますから、業者側にその記録が残ります。その後もちろん催促の連絡がくるようになりますが、その延滞を3ヶ月放置しておくとブラックリスト入りとなります。ブラックリスト入りしている人は新規で申し込みをしてもなかなか審査通過することができず、借り入れをできない状態となります。
しかし、ブラックでも借り入れできたという報告例が実際にあります。ブラックでも融資をしてくれる業者は傾向として、中小規模の業者であることがほとんどです。逆に大手の消費者金融ではまずブラックの人は相手にしてもらえません。ブラックの人が借り入れをするのであれば、中小業者へ申し込みをするべきです。中小業者はブラックでも審査対象としていることが多く、大手では審査できずに融資を受けられなかった人も借り入れすることが可能です。審査はあるので、収入や職業によっては断られてしまうこともありますから、誰でも必ず借り入れできるということはないのですが、大手よりも借り入れできる可能性は間違いなく高いです。

中小規模の業者は少ない申し込みの中からなんとか融資をできる人間を探さなければ運営していけませんから、その融資対象となる審査基準を下げて広くしているのです。ブラックの人でもいま現在はきちんと収入があって安定した勤務をしている人であれば融資を受けられる可能性があります。その中小業者のなかでもさらに審査基準は違いますから、1社うけてみてもダメだった人も、他の業者では審査クリアする人もいらっしゃいます。
ブラックリスト入りした人の記録は信用情報機関に情報提供され、集約されています。大手の業者もですが、中小の業者もこの信用情報は審査の際にチェックします。そこでブラックだということがわかると大手の消費者金融は審査落ちとすることがほとんどですが、中小の業者ではブラックの記録がある人でもさらに審査を進めてくれて、収入など他の項目もみて総合的に判断をします。

ブラックの記録も一定期間が経過すればその情報は消え、また通常通り借り入れをすることも可能です。今まで大手で借り入れできずに諦めていた人も、永遠に借り入れできないわけではなく、その時になれば借り入れできますし、その時までにもこういった中小の消費者金融を利用することによって審査通過することもできます。ブラックの記録が消えるのはだいたい3年~5年といわれていて、自己破産などの債務整理の場合は10年ほどかかります。その期間内でも急に出費をともなったり、大きなお金が必要となる場面も当然でてくるでしょうから、これら中小の消費者金融であれば借り入れできるという事実はかなり助かるものかと思います。

借金の長期延滞でブラックになってしまった人へ

ブラックリスト入りする原因とは何種類かあるのですが、ブラックリスト入りしてしまうのは並大抵のことではなかなか該当しません。ブラックリスト入りするということは、消費者金融側にとって不利益となるような金融トラブルをおこした人であり、この情報はよく事故情報とも呼ばれています。ブラックになってしまうと個人信用情報機関へこの事故情報が記録されてしまい、他の金融業者もデータを調べればその個人情報と紐付けて閲覧することができるのでなかなか新規で借り入れをすることがむずかしくなってしまいます。また契約後に不利益となるような金融事故を起こされてしまっては、消費者金融側もせっかく何十万と貸し付けたお金も返ってこなくなる可能性もあるわけですから、やはりその点は慎重に行動することが多いようです。

ブラックリスト入りする原因で多いのは長期延滞です。延滞も1ヶ月程度のことなのであればまだブラックリスト入りするようなことはなく、延滞記録はまだ直接やり取りしているその消費者金融業者の中で記録されるどまりであり、他の業者にも情報共有されてしまうようなことはありません。この延滞が3ヶ月を超えると、長期延滞となりブラックリストに記録が残ります。つまり3ヶ月間、返済すべきお金を無視したとして捉えられますから、この3ヶ月の経過ということから重く捉えられてしまいます。

他にもブラックとなる理由は自己破産や債務整理の手続きをしたなども該当するのですが、これらは自力で解決できないという判断ではありますが、借金に対してなにかしらの手立てを自分が行っていますから、行動をしたという点では評価がされます。しかし延滞に関しては、その返済者がなにもせずに無視をしていた結果、長期延滞となったと思われてしまいますから、事は重大です。同じ一括りのブラックリストでも、その原因によっては業者側の捉え方も異なり、とくに長期延滞に関しては1番重く捉えられてしまうかもしれません。未だに現在でも何社か長期延滞をしている人はまず借り入れできるところはほとんど無いでしょう。

ブラックリスト入りした人でも、その問題を解決すれば一定期間後にその記録は抹消され、また個人信用情報は事故前のまっさらな状態となります。そうなれば以前と同じようにまた借り入れをしたり、銀行のローンを組んだりすることは可能になります。長期延滞をしてブラックになってしまった人も、延滞していた分をきちんと支払って問題解決すれば、その時点からだいたい5年の経過でブラックリストから抜け出すことが可能です。

延滞でブラックになってしまった人でも、その5年を待たなくてはいけないかというとそうでもなく、その期間内、つまりまだブラックの記録が残っている状態であっても借り入れすることは可能です。ブラックの人でも借金をすることができる、柔軟対応の消費者金融も存在します。